日記

春を愛する人は の続きの歌詞

春を愛する人は

こんばんは!ひかるです。春を愛する人は~という歌詞が気になりそのことをメモにしてみました。

90年代のトレンディドラマ「愛という名のもとに」で時生(江口洋介)が口ずさんでいた歌です。世代じゃないのですが再放送で見たことがあります。ドラマ内でも「春を愛する人は~♪続きなんだっけ?」と言っていました。自分も何だっけっとおもいました。

春を愛する人は 続きの歌詞

  • 曲名 : 四季の歌
  • 作詞・作曲 : 荒木とよひさ
  • 歌 : 折 洋子

四季の歌っていうのね。聞いたことあるようなないような。でもタイトルわかってすっきりしました。

四季の歌 歌詞

肝心の歌詞の続きを確認しました。春を愛する人は~の続きになります。

春を愛する人は 心清き人
すみれの花のような ぼくの友だち

夏を愛する人は 心強き人
岩をくだく波のような ぼくの父親

秋を愛する人は 心深き人
愛を語るハイネのような ぼくの恋人

冬を愛する人は 心広き人
根雪をとかす大地のような ぼくの母親

とても短いですが良い歌です。たまに口ずさんでみるととても良いですよ!

くちずさんで眠ろうかと思います。おやすみなさいー。

ABOUT ME
ひかる
仕事を淡々とこなし、アフターと休日を全力で楽しんで過ごすサラリーマンです。休日やアフターを充実したいからこそ仕事時間は一生懸命働き定時を目標にしています。