仮想通貨の取引所の手数料について

今話題の仮想通貨ですが、仮想通貨売買時の

仮想通貨取引所の手数料について調べてみました。

仮想通貨には取引所が存在します。この取引所を介して仮想通貨を媒介すると手数料が発生します。

日本の取引所は有名どころだと BitFlyer 、 Coincheck などの取引所です。

ちなみに手数料が発生するタイミングは仮想通貨の売買時です。

買うときは レート+数% の価格で買う

売るときは レートー数% の価格で売る

 

例として「仮想通貨」のレートが1枚2万円で手数料が5%の場合

1枚買う時は2万1000円で買う。

1枚売る時は1万9000円で売る。

同じ2万円のレートでも売買の価格差は2000円もあります。

レートが上昇した場合でも手数料の損益を考えて売買しないとマイナスになっていきます。

私も始めは気づかず、100円でもレートがあがったら売って100円レートが下がったら買ってという事を繰り返してました。

チマチマした取引や少しあがった位で売ってしまうと逆にマイナスになるので初心者は気を付けましょう。

 

各手数料は、取引所の公式サイト等に乗っていますのでチェックしてみてください

 

 

ビットコインの取引所の選び方




ビットコインの取引所について説明です。

取引所については最近、CMが流れているものが多数あります。
ビットフライヤーでは”成海璃子さん”、コインチェックでは”出川哲郎さん”が広告塔をしています。

日本の取引所(ウォレット)と言えば「Bit Flyer」「Coincheck」「zaif」「GMOコイン」が有名です。

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ちなみにビットコインのチャートは取引所によって若干違います。

下記はコインチェックの総資産の画面です。円グラフになっていて全体的な割合がとても分かりやすいます。

コインチェック
コインチェック

 

 

またビットフライヤーのチャートでは下記のように価格の上下が解りやすいです。

コインチェックにもビットフライヤーにもチャート推移図はありますが個人的にはビットフライヤーのチャートのデザインの方が好きです。

ビットコインチャート
ビットコインチャート

来年、本当に手の付けられない状況が来たら仮想通貨を買えなくなる位

高値によって価値が上がっていくかと思います

 

乗り遅れないように喰らいついて行きたいと思います。

 



仮想通貨を買うための本人確認

仮想通貨の取引を行なう為には、まず本人確認が必須です。

本人確認の内容としては運転免許証、氏名、住所、銀行口座、電話番号、メールなどの登録が必要です。
情報登録後には取引所から最終的な本人確認の為のハガキが郵送されてきます。

このはがきを受け取ったら、いよいよ仮想通貨取引が可能になります。
私が本人登録を全部済ませた後は、取引所から1週間足らずでハガキを受け取りました。
現在はCMでも放送されておりユーザーが増加傾向にあるのでハガキの郵送にもっとかかるかもしれません。
思い立ったらすぐ準備して本人確認を済ませた方が良いでしょう。

本人確認書類が終わると取引所から承認され自宅にハガキが送られてきます。




受け取ると取引所からメールなどで取引開始可能との通知が届きます。
受け取った私はさっそく銀行へ直行しました。
とりあえず、1万円を取引所にに振り込む事にしました。

 

しばらくすると入金が完了されます。
ちなみに入金金額は即時反映される訳ではないので焦らず待ちましょう。
約5分~45分程。
ウォレットに日本円(JPY)の振り込みを確認できたら取引開始になります。
私はとりあえず、1万円で収まる安いモナコインやイーサリアムクラシックを買いました。

11月位でしたが確かその時はモナコインは300円程度、イーサリアムクラシックは800円程度だったかと思います。
※12月現在はモナコイン2000円近く、イーサリアムクラシック4000円近く上がっており1か月の間に5倍ほど上がっています。

 

また、暫く保持しとけばよかったのですが取引初心者の為少し利益が出るとチマチマ売買していました。
しかし途中で知ったのですが、売買手数料がかかるらしいのです。
微々足るものですがそのことを知ってチマチマした売買は辞めました。

 

これから仮想通貨の取引を始める初心者は手数料も考えて売買しましょう!
儲かったと思ったら手数料分でマイナスという事もありえます。
少額での売買はぜひ控えて行きましょう!

 




はじめての仮想通貨の買い方



スポンサードリンク

話題の仮想通貨ついてまとめました。
2017年は仮想通貨元年とも呼ばれ一般の方に広く認知された年になりました。仮想通貨はBitCoinが有名ですがその他4000種類ものアルトコインと呼ばれる仮想通貨があります。

 

最近ではCMで出川哲郎さんも起用されていますね!
どのように購入するか解らない方も多いかと思います。
そこで一般サラリーマンである素人の私が「仮想通貨」についてまとめてみました。


1.仮想通貨は何故価値があがっているか?

現在、紙幣が一般的に流通しておりお金という風に認知されています。
しかし江戸時代の時は「お米=お金」と認知されていました。
皆が価値のあると思っているもの、皆も欲しいとなると必然的に価値があがるのです。
何の価値もなかったはずのビットコインですが話題になり広まり需要が多くなってきました。
またビットコインの数は上限が決められていて作り出せない為、需要が多くなってくると価値があがります。地球上の物質でいうと金の上限が決まっており採掘出来ないのと一緒ですね!

 


2.ブロックチェーンという暗号化技術

仮想コインはブロックチェーンという今世紀最大の発明とも言われる技術が用いられています。
コインの売買があると台帳に記録され、各台帳の情報がチェーンのように繋がり前後の整合性を保つため
不正な改ざんが事実上無理とも言われております。

 


3.発明したのは?

サトシさんという方と予想されています。名前からすると日本人ですが
実際に作成した方は不明です。
ビットコインの最小単位が0.00000001BCTで1satoshiと呼ばれています。

 


4.仮想通貨はどうやって管理するの?

ビットコインを管理するのはウォレットと呼ばれるものになります。
ウォレット=財布 となります。
取引所に登録しウォレットの準備をすることで初めてコインの売買が出来ます。

 


5.ウォレット登録方法は?

ビットコインを売買する場合ウォレットが必要になります。
GooglePlayや取引所サイトから検索しインストールしましょう。
もちろん、パソコンからでもスマートフォンからでも取引が可能です。

手順
(1)まず、取引所を選びましょう。有名所でいうとBitFlyerやCoinCheckが有名な取引所です。
(2)取引所を選んだらにログインIDやパスワードなどの情報を登録します。
(3)氏名、住所、本人確認(運転免許証)、電話番号認証、口座番号などを登録します。
(4)登録が確認できると取引所からハガキが送られてきます。
(5)そのはがきを受け取ったら取引所の本人確認作業が終了し入金が出来るようになります。

※「サイト登録」→「本人情報入力」→「本人確認のハガキを受取り」の流れです。





6.取引所への入金

まず、仮想通貨を買うには取引所に入金する必要があります。
クレジットカードやコンビニ入金も出来ますが手数料もかかります。
銀行振り込みで取引所に入金しましょう。

 


7.仮想通貨を買ってみよう

入金完了すると画面にJPY(日本円)で振り込んだお金が表示されます。
このJPY(日本円)でビットコインやアルトコインを買っていきます。
買う単位は1枚でなくとも0.05枚など買うことができます。
BitCoin0.1枚でも12月13日現在の価値は100万程となります。
ビットコインだけでなくアルトコインなど買いたい仮想通貨を選んで購入しましょう!
仮想通貨からJPY(日本円)へ戻すこともできます。
買った仮想通貨はチャートや損得を見ながら売買のタイミングを決めていきます。

 


8.買うポイント

・価値が低くなった時に買う、価値が高くなったら売るようにしていけば増えていきます。
・売買手数料もあるので小さい取引は手数料の方が多くならないようにしましょう。
・チャットの情報に流されず自分で情報を集めましょう

 


9.どの仮想通貨を買えばよいのか?

ビットコインの他にもアルトコイン各種のイーサリアム、モナコイン、ネム、リップル、ビットコインキャッシュ、リスク
などのアルトコインがあります。アルトコインはビットコインに比べ1枚当たりの価格が安いです。
しかしアルトコインも価値が上がるにつれ高くなってくるため安いうちに買うと得です。
厳密にどの仮想通貨があがるかは断言は出来ません。
大手企業が仮想通貨参入したなどの情報があると上昇傾向にあります。

 


10.あくまで投機なので後悔しないように

右肩上がりで上昇すると言われている仮想通貨ですがいつ暴落するかも解りません。
ご利用は計画を持って投資をしていくと良いです。


 

それでは、続きは次回は仮想通貨を買うための本人確認事項を確認しましょう。



スポンサードリンク