コインチェックで流出したNEMが自分の財布に帰って来たぞ

2018年3月12日NEMが自分の財布(ウォレット)にJPY日本円として戻ってきました!

さかのぼること45日前(2018年1月26日)に、コインチェックでハッカーによりNEM5億2300万枚が盗まれてしまいました。

日本円に換算すると約560億円というビックリする金額です。

 

その当時の価値には至らないもののコインチェックは1NEM=約88円での返却をするという事で会見しました。コインチェックが有言実行でやっと、やっとNEMが返ってきました。永かった・・・

 

コインチェック3月12日の動き


18:20頃コインチェックのメール受信

NEM
コインチェックのお知らせNEM流出について

そのメールの文面内容は下記でした。

2018年1月26日、コインチェック株式会社(代表取締役社長:和田晃一良、以下:当社)が運営する仮想通貨取引所サービス「Coincheck」におきまして、一部機能の停止に至る事象が発生致しました。本事象に伴い、お客様、取引先、関係者の皆様にご迷惑をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。 http://corporate.coincheck.com/2018/03/12/47.html 仮想通貨NEMの不正送金に係る補償につきまして、以下の通りお知らせをさせていただきます。

補償日時:2018年3月12日中
補償金額:88.549円 × 日本時間2018年1月26日 23:59:59時点での保有数
補償対象:日本時間2018年1月26日 23:59:59時点でNEMを保有していたお客様

 

やった!ちゃんとNEMが戻ってくるんだ。まあ戻ってくるという言い方はおかしいかもしれないがコインチェックさんが有言実行で保証してくれた!日付をまたぎそうだと思っていたが・・・

 


22:40頃のメール受信

NEM

 

なにぃ!日本円の売却が済んだのか!?

さっそく私はコインチェックにログインしてみた。

 

すると・・・

 

コインチェックの総資産にJPY(日本円)として入ってきてるではありませんか!!

私のわずかながらに入れていたコインチェックの財布に入ってきてました。

NEM

 

ふぅ、よかったと思いつつめげずに投機を頑張ろうかと思います。

現在、私が持っているウォレットは合計5つですがコインチェック業務改善しているようだし増やしてみようかな!?でも以前の事があったら怖いなぁと思います。

 

私は現在、冷静と情熱の間で揺れているのである。

 

とにもかくにもNEMの返金を有言実行したコインチェック。倒産せずにここまでやったのは凄いです。

そして私の僅かながらのNEMですが戻ってきてよかった!

僅かながらのNEM17888円ですが、1か月の通信料と電気代とガス代くらいは払えます。

 

とにもかくにも、NEM流出問題の大事件で連日疲労困憊で絶体絶命だったコインチェックさん。

大塚雄介COO(最高執行責任者)は、メディアや会見の際どい質問、罵声、反感に耐えながら物凄く冷静に答えていて凄いなと感心しました。

 

ワタシだったら560億円損失の会見出席して喋ったらチビっちゃうなぁw

Seeyou!

バイナンス登録方法と2段階認証の設定の仕方


Sponsored Link

日本の仮想通貨取引所では物足りなくなってきた方、話題の仮想通貨の情報を聞いたけど
取引所に対象の仮想通貨が無い!
そんな方の為に様々な仮想通貨、話題前の仮想通貨まで取引できる世界の取引所バイナンスがあります。

 
今回はバイナンス取引所の登録方法をご紹介します。


登録方法

1.https://www.binance.comへアクセスをします。
下記の画面で、新規の方は「登録」をクリックします。

2.必要項目を入力します。
・メールアドレス、パスワード、Referral ID 、チェックボックスを入力し「登録」を押す。

 

3.必要事項を入力し登録するとメールが送られてきます。
「 Eメールを確認します」をクリックします。

 

4.有効になったとの画面が表示されます。

 


二段階認証設定

1.ログインすると下記の画面が表示されるので「Google認証」をクリック

 

2.お手持ちのスマートフォン対応のアプリを選択し「NextStep」を押す。
 ※インストールされてない場合スマートフォンにインストールされる。
(画面はGooglePlayを選択した場合)

  •   iPhoneならアップルストアを選択
  •   AndroidならGooglePlayを選択

 

3.「QRコード」と「キーコード16文字の英数字アルファベット」が表示される。
お手持ちのスマートフォンから「Google認証システム」を開きQRコードを読み取る。
読み取ったら「NextStep」を押す

 

4.忘れないよう16文字の英数字キーコードをメモ等に記録しておく。「NextStep」を押す

 

5.下記を入力し「Google認証を可能にします」を押す

  1. KEY  :  16文字の英数字キーコードを入力
  2. ログインパスワード: ログイン時のパスワード入力
  3. 2FA : スマホのGoogle認証コード数字6桁を入力

 

6.これで2段階認証の設定が完了です。
これで世界の取引所で仮想通貨が取引可能になります。

 

日本ではビットフライヤー,コインチェック,Zaifなどでも取引所で仮想通貨の購入は可能です。

ですが一発逆転を狙うなら話題沸騰前のコインです。

話題になったら海外の取引所から日本の仮想通貨取引所に上場するでしょう!

是非、さまざまな仮想通貨を取引して億り人を目指してみて下さい。

私も目指し中です。

 


Sponsored Link

仮想通貨の取引所の手数料について

今話題の仮想通貨ですが、仮想通貨売買時の

仮想通貨取引所の手数料について調べてみました。

仮想通貨には取引所が存在します。この取引所を介して仮想通貨を媒介すると手数料が発生します。

日本の取引所は有名どころだと BitFlyer 、 Coincheck などの取引所です。

ちなみに手数料が発生するタイミングは仮想通貨の売買時です。

買うときは レート+数% の価格で買う

売るときは レートー数% の価格で売る

 

例として「仮想通貨」のレートが1枚2万円で手数料が5%の場合

1枚買う時は2万1000円で買う。

1枚売る時は1万9000円で売る。

同じ2万円のレートでも売買の価格差は2000円もあります。

レートが上昇した場合でも手数料の損益を考えて売買しないとマイナスになっていきます。

私も始めは気づかず、100円でもレートがあがったら売って100円レートが下がったら買ってという事を繰り返してました。

チマチマした取引や少しあがった位で売ってしまうと逆にマイナスになるので初心者は気を付けましょう。

 

各手数料は、取引所の公式サイト等に乗っていますのでチェックしてみてください

 

 

ビットコインの取引所の選び方




ビットコインの取引所について説明です。

取引所については最近、CMが流れているものが多数あります。
ビットフライヤーでは”成海璃子さん”、コインチェックでは”出川哲郎さん”が広告塔をしています。

日本の取引所(ウォレット)と言えば「Bit Flyer」「Coincheck」「zaif」「GMOコイン」が有名です。

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ちなみにビットコインのチャートは取引所によって若干違います。

下記はコインチェックの総資産の画面です。円グラフになっていて全体的な割合がとても分かりやすいます。

コインチェック
コインチェック

 

 

またビットフライヤーのチャートでは下記のように価格の上下が解りやすいです。

コインチェックにもビットフライヤーにもチャート推移図はありますが個人的にはビットフライヤーのチャートのデザインの方が好きです。

ビットコインチャート
ビットコインチャート

来年、本当に手の付けられない状況が来たら仮想通貨を買えなくなる位

高値によって価値が上がっていくかと思います

 

乗り遅れないように喰らいついて行きたいと思います。

 



仮想通貨の種類について

仮想通貨を初めて買うにあたり気になるのが、どの仮想通貨の種類を買うと良い!?から始まると思います。

ビットコインも有名ですが他のアルトコインと呼ばれる仮想通貨の勢いもスゴイです。

仮想通貨の種類についてまずは大手取引所を確認していきましょう。





1.CoinCheck(コインチェック)

日本の取引所コインチェック12種類と多くの仮想通貨を取り扱っています。

国内取引所大手であり12種類の仮想通貨を取り扱っています。
(2017年12月中旬頃の仮想通貨のレートになります。)

コインチェックの仮想通貨12種類

Bitcoin(ビットコイン)            2000435円
Ethereum(イーサリアム)          96021円
Ethereum Classic(イーサリアムクラシック) 4631円
Lisk(リスク)                  2360円
Factom(ファクトム)            5117円
Monero(モネロ)                49948円
Augur(アウガー)               10529円
Ripple(リップル)              84円
Zcash(ゼットキャッシュ)            76818円
NEM(ネム)                112円
Litecoin(ライトコイン)           37555円
DASH(ダッシュ)              173350円
Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)   423217円

 


2.BitFlyer(ビットフライヤー)

続いて日本国内の大手取引所BitFlyerです。
ビットフライヤーでは6種類の仮想通貨を取り扱っています。
ビットフライヤーの注目の仮想通貨は日本発のモナーコインです。

Bitcoin(ビットコイン)           2000435円
Ethereum(イーサリアム)           96021円
Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)  4631円
Litecoin(ライトコイン)           37555円
Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)   423217円
Monacoin(モナーコイン)          1940円


 

取引所はウォレット(財布)なので複数取引所を登録して大丈夫です。

色々な種類の仮想通貨の値上げのチャンスを逃さないようどちらも登録して投資できると良いでしょう。