飲んだ後のラーメンってどうですか?


Sponsored Link

どーも、サラリーマンです。

皆さま、ラーメン好きですか?私も大好きです。

サラリーマンもしくは男性なら経験あると思いますが飲んだ後にラーメンってよく行きませんか?

ワタクシ実はあれが苦手なんです。

ビール

何故苦手か言うと・・・

3時間以上飲んでてビールやお酒で腹が膨れ上がってもうお腹一杯で飲み会終了!

ってなったときに
皆、お疲れ様!ってパターンになるかと思いきや
男A「ラーメン行こうぜ!」
男B「飲んだ後はやっぱりラーメンだな!」

私の心の声
「まてぃ!お腹いっぱい!意味が解らん!居酒屋でおつまみあんなに残しといてラーメン行こうぜ!?
どういうことだ!!何故、居酒屋でおつまみを残さず食べないのだ!!?皆が残すから勿体ないので
ワタクシ食べたのに・・・腹はち切れそうやわ。」

 

「普段はラーメン美味しいけど飲み会後のラーメンは、もうお腹一杯…」

飲み会後のラーメン

何故だ!!いつもそう思っている。。。
科学的に分析するとアルコール分解するのにタンパク質がほしくなるらしい。
なるほど、アルコール分解したいが為にラーメンを食べるわけね?!

そうか!それで皆さん飲み会終わった後にラーメンを食べたいのね!?

・・・

・・・

・・・

 

ばかもーん!
それで納得いくかい!
だったら、居酒屋の料理を残さず食べてからそんなこと言いなさい
ワシは、残すのが申し訳なくて居酒屋で残りもの食べたのにまだラーメン喰うだと!!

理解不能です。
正直、食べれない中はち切れそうな中食べるのは地獄の黙示録である。
何回か付き合いで飲み会終了後にラーメンに行っていたが、行く度に気持ち悪くなるのでなるべくもう無理して行かないようにしている。

身体は嘘をつかないので。

 

誰か私の気持ち解りますか?
たぶん、私は少数派の人間だろうが誰か解ってくれる人はいるだろうか!?

 

解ってくれた方はシェアしてくれると嬉しいです。

 


Sponsored Link

仕事のやり方について「最初から言ってほしい」

私は仕事に関してたまに思うことがある。

打合せや準備の時には、特に注意点なども述べないが作業している最中や作業後などに口を出してくる者がいる。

例えば、面倒で誰も手を挙げなかった仕事を私が手をあげてやったとする。

そして、色々アイディアを考えて自分で切り込んで作業が進んでいた事がある。

このまま自分の考えで切り込んでガンガン行こうと思っていた時に。。。

 

いきなり自分の作業を見て思い付いたかのようにアドバイス風な事や注意点を横から述べたりする。

「解らない所を切り進んで作業やっていっているのに、後から思い付いたように言わないで!」と思う。

なら、最初から率先してやるか、最初から注意点を言ってほしい!と思う。

こういう人が必ずどこの会社にもいるはずだ!

私はその場では冷静に答えつつも冷静と情熱の間でいつも揺れている。

 

何でこういう人間がいるんだとつくづく思う。多分、そういう人は自分が喰らった事が無いのだと思う。

アドバイスのつもりで言っているかもしれないが正直そういうのは辞めて頂きたい。

率先した訳でも突撃した訳でもない、最初にブラックボックスの中からアイディア考えたり特攻していくのが大変なのに!

確かに尊敬する方やメンターなら素直に聞くが、多少の間柄の方で横から言われると迷惑だ。

 

ほんとに逆の立場になった時を考えてほしい。

大げさに言うと会社内で誰か式典でスピーチやってくれないか?言われて、誰もやりたがらず自分が手を挙げたとする。

しかし、スピーチ終わった後にアドバイスをする人がいたとする。

そういうのは辞めてほしいのである。

じゃ「最初っから、あなたが手を挙げてスピーチやってくれないか」と思う。

 

しかし、私も優柔不断で優男な部分もあったので社会人的にはっきり言うと嫌われてしまう。という気持ちもありました。

そのため、20代の頃は「言いたい事も言えないこんな世の中じゃ…」状態でした。

多分、若い頃は「嫌われたくない」「傷つけさせたくない」「反撃されたくない」という防御態勢が心のどこかにありました。

30代になりこのまま弱っちいままじゃいけないと思い変わり始めたのです。

毎日、意味を持って成長し同僚はライバルという気持ちで日々取り組みました。

そうすると行動も変わりご飯食べるのが早くなった、歩くのも早くなった、1秒足りとも勿体ないと思い始めました。

そして自分が変わっていくのも解りました。

 

今では自分を信じる事が出来ていると実感しています。

会社での人間関係について




わたしはIT業界に勤めている中小企業のサラリーマンです。

現在、転職して2年目である。
まだ現会社は社歴は長くないが仕事や人間関係について日々思うことがあるので書いてみました。

もしかしたら私と同じ心境の方もいると思います。
同じ心境にならない限りこの気持ちは解ってくれないと思っています。
なので少しでも共感できる方は読んで下さるとありがたいです。


今回はプロジェクトチーム内の人間関係について

現在、プロジェクト案件で私がプロジェクトチームに途中参加した。

メンバー構成は、男性5人と女性1人の先輩

正直言うとプロジェクトメンバー間の連携がうまくいってない。
仕事なので友達同士になる必要はないが、これまでの社会人生活の中で私はプロジェクトチーム=仲間だと思ってやってきた。

プロジェクトは皆で同じゴールを目指して納品するのが優先だと思っている。
しかし、今の私が所属しているプロジェクトメンバーは私の経験の中で史上初めて仲間意識がとても薄いと感じた。
仲間意識が低く個人事業主みたいで、とてもイライラするのだ。

 

そこで建設的に冷静に分析も含め1つずつ何が不満か文字にして紐解いていくことにした。

下記が自己解析の原因である。

  1. メンバー内で誰かが困っていても無関心
  2. 連絡や対応のレスポンスが遅い
  3. 新しい事や面倒な事はやりたがらない
  4. 自分の持っている仕事を共有しない
  5. 上司が無責任

 


 

1.「メンバー内で誰かが困っていても無関心」

トラブル対応などでメンバーの誰かが困っていたり手こずっていたりしても基本無関心なのである。
大体、トラブルが終結しそうな時には集まって来るがトラブル中には声すらかけず知らんふり。

これについては人間性なの?と思った。自分が持っている仕事だけやれば良いと思っているのかな!?
助け合いの心はないのか? 何で終結しそうな時には集まってくるの?
隣で昼休憩時間になっても働いているのに声くらいかけてよ!って思ってしまう。

自分の株をあげるつもりはないが、
誰かが昼休憩過ぎてやっていたら「自分が対応するので休憩行ってください。」と声をかけているし、
誰かが困ってそうなら声をかけて一緒になって調べたり、一生懸命やっているうちに、いつのまにか自分が対応を代替えしていることもある。

しかし、その逆はない。自分は飯も食わずにやっていたこともある。
その横で声もかけず、普通に休憩取られたらさすがにイライラしてくる。
なんでそんなに人間っぽくないのか?って思ってしまう。

そんな機械的にやるなら感情のないロボットと仕事をやる方がマシだと思ってしまう。

 


2.連絡や対応のレスポンスが遅い

電話のコールも2回以上鳴らないと動こうとしない。

また、お客様が私たちの作業しているプロジェクト部屋に入ってきて声をかけても振向くのも遅い。
「すぐ振向いて反応してよ!」と思ってしまう。

お客さんが「すみません」と声をかけてきて、実際には1~2秒たってから振向く。
遅い!遅すぎる!呼ばれて1秒~2秒で反応するって遅い!0.5秒以内に振り向け!
結局1歩、2歩遅いと感じてしまうので私が先に反応して対応する事も多くなる。

皆、長期に携わって来た案件なので、ぬるま湯にでもつかってるのだろうと感じる。
お客様からお金貰って案件やっているのに何なんだよと思ってしまう。

 


3.新しい技術やトラブル対応はやりたがらない

確かに新しい事やトラブル対応は、いつもより時間かかってやりたくない気持ちは解らなくもない。
特にIT業界は、他会社システムとの連携している為、システムトラブルや打合せとなると解らない事や新しい用語も数々と出てくる。
解らない部分の差を埋めるために調整やすり合わせをしなければならない。確かに大変だが、仕事なのでやるのが当たり前である。

私が1番入社も業界歴も浅いのだが少し小難しい話になると私に回ってくる事も多くいつもアップアップしながらやっている。
雑用もやりながらトラブル対応をやっていると、常にフルスロットルで動いている。
おかげで歩くのも食べるのも約2倍位早くなった。

私は基本定時に帰ることを目標としているので朝から常に全力だ。
(定時にはあまり帰れないが、早く終わらす事を目指して動いている。)
スポーツの後や試験後くらい、業務後は疲れている。しかし周りは、通常スピードでいつもマイペースだ。
さっさと処理しないから残業で残ってるんだよ!と私は思っている。
私の願いとしてはなるべく人が気づく前に、1歩、2歩早く気づく姿勢でいてほしい。

また作業スピードについても初めて行なう場合や各個人によって処理が早い、遅いの差があってもしょうがない。
だが、各個人のマイペースから1.2倍で早く動く意識であるなら誰でも出来ると思う。

あたふたしろ急げと言っているわけではない。勤務時間内に終わらす気持ちで動いて欲しいのだ。
歩くスピードにしろ目的地に速く歩けば歩くほどその時間が空く。お金貰っているんだから勤務時間中にはそれ位やってほしい。

仕事終わったらタラタラ歩いても問題はない。

 


4.自分の持っている仕事を共有しない

業務についてはなるべく水平化して共有してほしいと思っている。

ホリエモンやスーパーマンがやった事ではない限り、ネットで調べれば大体の事は出来ると思っている。

ネットで解らない事と言えば、「客先ルール」「システムポリシー」「資料提出先」「連絡先」位だ。
解らなければ喰らいついてでも聞けばいい。うざがられても自分の為にもなるし皆の為になるのだ。

以前、Aさん(仮)の持っている仕事で提出間際の資料があったが、共有されていない為Aさんは熱が出てたが出勤して資料を提出した。
私は偉いとも何とも思わなかった。なぜなら事前に「この作業Aさんしか解らないから何かあった時の為に共有してくれないですが?」と
言ったことがある。しかし「私の仕事だから」と言い共有はなかった。「連絡先」「提出の流れ」を共有しとけばわざわざ体調不良で出勤する必要もない。

大体、同じプロジェクトメンバーだから「私の仕事」とか関係ないのである。
プロジェクトチームとして誰がやっても期限守ればよいし、この人しかできない仕事なんて無いと思っている。

くどいようだが、著名人やスーパーマンな方の仕事じゃない限り私の仕事とかは一切無いと思っている。

仕事の確保は、退職予定の方や年配の方なら許せるが皆まだ20代~30代なのだ。
若者が仕事を確保するのはホントに大馬鹿者である。難関な仕事を率先して確保するなら問題ないが。
後から来た後輩に自分の持っている仕事を渡して、新しい事を次々と覚えて行けばいいのな!にと思ってしまう。

 


5.上司が無責任

上記で述べた事は上司がうまく問題をまとめれば私が悩まないで済むはずだ。
しかし、トラブルや問題点の予測は残念ながら皆より少しだけ私の方が早い。
私は1番下っ端だが、芯は持っているつもりであり言いたい事は相手に不快な思いをさせずに伝えるようしていた。

※下線部は、確かアサーションというコミュニケーション方法。出来ているか解らないが意識はした。

上司は、優柔不断で計画通りに進まない事が多い。小難しくなると腰が重く行動を決定するのも遅い。

「手を動かす」「 誰かに聞く」「 行動する」「責任とって指示」 をやれば良いが机で考え込んでるうちに電話や横やりが入って結局流れてしまって後追いになることが多い。
提案して背中を押しても中々重い腰が動かない。
ベンチャー企業なら下剋上もありえるが、現会社は年功序列の会社であり私よりも10年以上社歴も長い。
問題定義、すり合わせなども殆どが私の発信である。ひどいときには上司が解らなくなって私に丸投げしたもある。


これからの対策

この文章を読んでくれてもしかすると私と同じ気持ちになっている人もいるかもしれません。
もしかしたら、こうした経験がありうまくプロジェクトメンバーがまとまった経験がある方もいるはずです。
私も本来なら人にイライラせず仕事を進めていきたいとは思ってます。

 

今はまだ我慢してますが、現状思い付く解決方法としては

  • 本音で話しあう。(自分が思っている事を本音で話したい)
  • 自分も、のほほんと仕事をする。(皆でのほほんとすればイライラしない)
  • 転職する (そもそも会社を変える)

 

こういう場合の最後の策は、本音で1人、1人に話していきたいと思っています。
伝えないとずっと気づかなかったり、変わらない人間がいるのは事実です。

まずは自分から行動を変え、可能であれば現状を変えたいと思っています。
皆に嫌われる覚悟で本音を話さなきゃ自分がメンタルやられそうです。

確か「必要なのは勇気ではない。覚悟だ!」と有名な旅人が言っていた。

 

余談ですが、この状況で最近共感できた歌詞があります。
数十年前にスマッシュヒットした反町隆志さんの歌”ポイズン”のフレーズです。
「言いたい事も言えないこんな世の中じゃ、ポイズン!」
私の小学生の時の歌ですが、数十年前から社会人はそんなこと思っていたんだなと共感しましたww

 

補足: 現会社はサラリーマンの平均年収位ですが、定時で帰ろうが終電近くまで残業しようが残業代は出ません。

 

理想を求めながら現状と向き合い、どうやって問題解決していくか?

有意義な人生を送れるよう頑張っていきます。