タッチタイピングが速くなりたい方に必見!寿司打

現代社会においてパソコンは不可欠です。

IT業界だけでなく現代社会において建築業界、自動車業界、飲食業界、病院、学校、自治体、一般事務、中小企業、大企業すべての仕事にITが関わっています。

 

飲食業界でもメニューはタッチパネル式が多くなってきましたね。

街中の広告も看板からデジタルサイネージ(電子広告)が多くなってきました。

近い将来では、家電製品全部にIoTが導入され機器管理されます。

※IoT –> (Internet of Things)様々な「モノ」がインターネットに接続され、情報交換することにより相互に制御する仕組み。

更に、皆さんが手にしているスマートフォン(ipad,Android)もパソコンの一種です。

私生活でも仕事でもインターネットに携わる機会が多くなってきました。

このような世界を20年前に想像できた方は居たでしょうか?

 

仕事でサラリーマンは自分の机の上にパソコン1台があるのがほぼ当たり前のような時代になってきました。昔と比べるとITの進化が速く驚きです。

 

そこで仕事の明暗を分けるのがタッチタイピングの速さでもあります。

もし職場で同じ能力の人が居たとしたら、文章書く際にキータッチが速い人の方が当然仕事は早く終わります。

 

私も社会人になりたての頃はパソコンもまともに触ってなかったのでタッチタイピングが出来る人の事を絶対におかしいと思っていました。

 

ですが、今では当たり前のようにタッチタイピングが出来ます。

どうやって早くなったかというとこのゲームです。

寿司打

Googleで検索し「寿司打」と検索しクリックするとすぐ遊べます。

このタイピングゲームの良い所は、DVDを入れてのインストール形式でもなく手間もかかりません。

無料で遊べ実力がついていくのが解るのでひたすらハマりました。

速く打ち込めば打ち込むほど良いに越した事はないですが、ミスなしが連続で続くと時間が1秒、2秒、3秒と伸びていきます。速さ+正確性の合計が点数として表示されます。

 

自分なりの寿司打の攻略方法をまとめてみました。

点数が上がらない方、伸び悩んでいる方は参考にしてください。

 

・ミスタッチを無くす

ミスタッチをするとボーナス加算される秒数が0になってしまうのでなるべく早さより正確性を重視してタイピングしましょう。

 

・早く打ちこむ

正確性が安定してきたら徐々にタッチタイピングを早くしていきましょう。

速く打ち込めば打ち込むほど、ボーナス加算もされやすく出てくるお皿の数も多くなります。

 

・文字はなるべく少なく打つ

「shi」「gyo」「kya」などの文字は「si」「jo」「cya」でも大丈夫です。

意識してやっていくとこれだけでもかなり大幅にスコアUPします。

 

 

強敵揃いが全国ランキングに名をつらています。

是非みなさんも高速の指を使用しランキングに名を連ねましょう。