レオパ

レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)とのお別れ

こんにちは!

先日、3年間飼っていた爬虫類ペットのヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー)が天に帰りました。

悲しみにくれていたのですが、落ち着いたので書いていこうと思います。

天に帰ったのは先月11月23日夜でした。

 

11月中旬に最近エサ食べなくなって、元気がないなと思っていました。

週末、病院にでも連れて行こうと思った矢先でした。

11月23日夜、仕事から帰った後にケージを確認するとひっくり返って身体が固まっておりました。

眼も閉じており完全に天に召されました。

 

とてもショックでした。

今迄、飼ってきたペットで一番ショックでした。

何故かというと実家ではペットを飼ってましたが、一人暮らしで初めて飼うペットがレオパだったのです。

 

いつも愛くるしい姿を見せてくれたレオパがもう見れなくなると思うと悲しくなりました。

と同時に週末とは言わず、仕事休んででも病院に行くべきだったと後悔しました。

悲しみで後悔しつつもこの後の供養はどうするんだと考えました。

 

亡くなったレオパはどうするのか?

とりあえず、腐敗しないようにキッチンペーパーで身体を包んであげてペットボトルを加工した中にレオパ君を入れました。

そして、クーラーボックスの中で保管しました。

 

インターネットで検索していると爬虫類は可燃ゴミとして捨てるとか書いてる人もいました、埋葬する人もいるが自分の土地でなく公園などに埋めると菌の感染がありよくないと書いてありました。可燃ゴミとして捨てるのは私としてはありえないと思いました。

 

色々調べていると市の自治体で供養をやっている施設があるらしくそちらに預ける事にしました。

1日後、最期の別れを惜しみつつ自治体の火葬場施設へ持っていきお別れしました。

 

レオパ

サヨナラ、レオパ君。

すぐ病院に連れて行かずすみません。

 

鳴き声も弱音も言えず苦しかっただろうと反省してます。

暫くはペットは買わないつもりです。

本当に癒されました。何時間でもレオパ君の行動を見てられました。

レオパ君いつも癒してくれてありがとうございました。

 

RSS
Follow by Email
Facebook
Facebook
Google+
http://sarari-man.work/reopa">