日常の生活、思った事、情緒、体験を包み隠さず書きます。

休日を楽しむサラリーマン日記

名言 音楽

中島みゆきの歌詞は素晴らしい

投稿日:

こんばんは!ひかるです。今日は好きな歌手中島みゆきさんの心に残る歌詞を紹介です。

中島みゆきさんの歌詞は言葉の力や意味がしんみりと伝わります。
彼女を尊敬する歌手も多くミスチル桜井、中森明菜、松山千春 etc...
と沢山います。

日本人女性で唯一無二の歌手、中島みゆきです。 

中島みゆき 素晴らしい歌詞一覧

離郷の歌

屋根打つ雨よりも
胸打つあの歌は
二度とは戻らない宙(そら)の流れ







縦の糸はあなた 横の糸は私
逢うべき糸に 出逢えることを
人は仕合わせと呼びます







一期一会

一期一会の はかなさつらさ
人恋しさをつのらせる
忘れないよ遠く離れても 短い日々も浅い縁も
忘れないで私のことより あなたの笑顔を忘れないで








浅い眠り

恋しさを聞かせてよ 
惜しみなく聞かせてよ
他人じゃないなら なおさら なおさら
浅い眠りにさすらいながら
街はほんとは愛をよんでいる







時代

今はこんなに悲しくて 涙もかれ果てて
もう二度と笑顔には なれそうもないけど
そんな時代もあったねと
いつか話せる日がくるわ
あんな時代もあったねと 
きっと笑って話せるわ
だから 今日はくよくよしないで
今日の風に吹かれましょう
まわるまわるよ 時代はまわる







空と君のあいだに

君の心が解るとたやすく誓える男に
何故女はついてゆくのだろう
そして泣くのだろう
君がすさんだ瞳で強がるのがとても痛い
憎むことでいつまでも
あいつに縛られないで



銀の龍の背に乗って

あの蒼ざめた海の彼方で 
今まさに誰かが傷んでいる
まだ飛べない雛たちみたいに 
僕はこの非力を嘆いている
夢が迎えに来てくれるまで
震えて待ってるだけだった昨日
明日 僕は龍の足元へ崖を登り
呼ぶよ「さあ、行こうぜ」







化粧

化粧なんてどうでもいいと思ってきたけれど 
せめて今夜だけでも綺麗になりたい
今夜あたしはあんたに逢いに行くから
最後の最後に逢いに行くから
流れるな涙 心で止まれ 
流れるな涙 バスが出るまで
バカだね バカだね バカだね あたし
愛してほしいと思ったなんて
バカだね バカだね バカのくせに
愛してもらえるつもりでいたなんて







命の別名

知らない言葉を覚える度に
僕らは大人に近くなる
けれど最期まで覚えられない言葉もきっとある







ファイト

ファイト!
闘う君のことを 闘わない奴等が笑うだろう







わかれうた

途に倒れて誰かの名を
呼びつづけたことありますか
人ごとに言うほど
たそがれは優しい人好しじゃありません。







悪女

悪女になるなら月夜はおよしよ
素直になりすぎる







以上、中島みゆきの歌を聞いてグッと来た言葉を並べてみました。
人生の深みや人情が感じられますね。

 ほんとに中島みゆきは素晴らしいです。

それではー!

created by Rinker
¥6,930 (2019/11/11 10:37:26時点 楽天市場調べ-詳細)
12343f80.df7ca2d3.12343f83.163bf363

-名言, 音楽
-, , , , , , , , ,

Copyright© 休日を楽しむサラリーマン日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.