ドラマ名作「白い巨塔」の名言集

名言

こんばんは、本日はフジテレビ45周年記念の特別ドラマ「白い巨塔」の名言集をピックアップしました。
唐沢寿明、江口洋介、黒木瞳、矢田亜希子、西田敏行、佐々木蔵之介、伊藤英明、及川光博という今じゃ考えられないビッグネームの俳優が揃いました。

医者として生きる外科医の財前、内科医の里見が医者としての葛藤を描いたドラマです。
どんな手を使っても上を目指していく財前、正義感が強く不器用な里見。

社会の闇、正義が繰り返された見ごたえのあるドラマでした。

白い巨塔名言

【第一部】

・君がミスると患者が死ぬぞ。しかし君が死ぬわけじゃない。落ち着くんだ。[財前五郎]

・自分の腕に酩酊してはいけない。[東貞蔵]

・理想というのは大いなる魂に宿るものですが、野心というのはちっぽけな魂に取りつくものでね。[東貞蔵]

・こうやって椅子があれば腰を下ろしたくなる。立派な椅子ならなおさらだ。[財前五郎]

・専門的な言葉を並べて患者に媚をうるより、絶対に大丈夫という強いひと言の方が患者は安心するものだ。[財前五郎]

・俺はただ自分の足で歩きたいだけだ。[里見脩二]

・僕は判断を誤ることはないよ。[財前五郎]

・教授選というのは愚かな強引さより賢い妥協だからね。[東貞蔵]

・医者は神様じゃない。患者と同じ人間だ。[里見脩二]

・それは君と僕の人生観の違いだな。
まっ、僕の人生観についてはいずれ日を改めてゆっくり話させてもらうよ。[財前五郎]

(里見脩二「特診患者のVIPでもお手上げだと答えたか?」と聞かれ)
・いや、3日くらい考えるふりをしただろうな。[財前五郎]

・医者は神様じゃない、人間だからな。[財前五郎]

(財前から高価な絵を受け取った後に)
・ともかく今日のところは預かっておくことにするよ。[鵜飼良一]

・(電話で)場合によっては君を殴るかもしれん。[財前五郎]

・私が扱うのはお酒で五郎ちゃんが扱うのは命。それだけの違いだもんね。[花森ケイ子]

(東貞蔵「教授選挙で君を押す事が出来ないかもしれない」と言った後)
・万一そうなった時は、泣き寝入りをしない方策を考えさせていただくと思います。[財前五郎]

(医者のパーティーに参加した際に)
・ここに医師はおりません。[東佐枝子]

・君が割り切ることで医者であり続けるなら、俺は悩むという一点で医者でいられるのかもしれん。[里見脩二]

・頼むよ。里美!これは僕の戦いなんだ。
負けるわけにはいかない。[財前五郎]

・なあ、財前。戦っているのは君だけじゃない。[里見脩二]

・あの人偉くならなくても正しい事が出来る人だわ。[花森ケイ子]

(財前の手術を見た後に)
・いや、素晴らしいよ!。[里見脩二]

・この世には誰からも好かれる人間なんていないものよ。だって誰からも好かれる人間を嫌う人間というのが必ずいるでしょ[花森ケイ子]

(東貞蔵「私になりふり構わず頼んでみたらどうだね?」と言われて)
・頭を下げる・・・つもりはございません。[財前五郎]

(東貞蔵「君はどこが私を腹立たせるんだ。と聞いたね?」と聞かれて)
・私の全てが腹立たしい・・・でございますね!。[財前五郎]

・価値もない年代物に高い金を払う必要はありませんよ東教授。[財前五郎]

・気遣いは要らんよ、私はね、本物なら10万払ったって惜しくはないがラベルだけの粗悪品には1円だって払いたくは無いんだよ財前君。[東貞蔵]

(助からない見込みの患者が病院を移動になって)
・先生にはお世話になったけど、ここは最期のときを過ごす病院じゃなかった。[林田加奈子]

・いくら悩んでみたところで患者のためになるとは限らないんだよ里見。[財前五郎]

・答えは出ません。[里見脩二]

・私が抑えて話しているのが解らないのですか?[菊川]

・医療に絶対はない。だから医者は悩み続けなければならん。君の苦悩を私は支持するよ。[大河内清作]

(教授選挙で東貞蔵が他の教授に根回しをしていない事について)
・甘いお方だ。[船尾悟]

(地位や名誉を気にせず真直ぐ患者と向合う里美を見て)
・困るんだよ。あいつの言ってることが嘘じゃなきゃ、俺は困るんだ。[財前五郎]


【第二部】

・二度は誘わない。[財前五郎]

・構いません。お答えします。[里見脩二]

・確かに医師には技術や知識を競い合う所があります。しかし、それはあくまで患者の為であり医学の進歩の為であって教授という地位や個人的な名誉の為であってはなりません。
私が財前教授と争いたいとしたらそれは永遠に治療の現場でありたいと思います。[里見脩二]

(重い病気だと解っていながら知らない振りをした新人看護師に)
・患者を知ろうとしない財前はおかしいが、知っていて見ない振りをする君もまたおかしいよ。[里見脩二]

(カルテの改ざんをした新人看護師に)
・カルテの改ざんをしたのか、しなかったのか。一人の医師として一人の人間としてはっきりと明確に答えなさい![関口仁]

・自信のない人間はえてして偽善者になりますからね。[国平学文]

・最高のときは一度だけじゃない。
上り続ける限り毎日が最高とは思えないのか?[財前五郎]

・未熟という言葉は何の言い訳にもなりませんのよ。男女の仲でも、お仕事の場でも。[鵜飼典江]

・本末転倒も甚だしい。もっと足元見ろよ。[財前五郎]

・里見先生が後悔なさらないのであればどんな答えでもそれは正しい答えだと思います。[東佐枝子]

・私は、真実を述べたいと思います。[里見脩二]

・人は利益や損得に振り回されるものです。
しかし時には信念に突き動かされることもあるのではないでしょうか?[里見脩二]

・3,000人を助けても1人を死なせては許されない。それが命というものではないですか?[関口仁]

・この世に、手の届かないところなんてあるのか?[財前五郎]

・辞表を撤回してください。[竹内雄太]

・私の治療は一点の曇りなく妥当でした。[財前五郎]

・待ってるよ!里美!君は必ず僕に泣きついてくる。何故なら君は医者だからだ![財前五郎]

・俺は負けない[財前五郎]

・嘘だ![柳原]

・君の、指図は受けんよ里見。[財前五郎]

(財前が病気になった後に)
・そこまでの男だという事だろう。[鵜飼良一]

・君を助けたいんだ![里見脩二]

・(自分が助からない病気だという事を知って)
不安はないよ。・・・ただ・・・無念だ。[財前五郎]

・自分の引き際は自分で決めたんだ。これ以上男の仕事に口を挟むのはやめなさい![東貞蔵]

・財前先生は一番の友達でしょ?[里美芳江]

・僕は間違っていたのか?だが、常に真剣にやってきた。目指すなら一番上を目指したし多少手段を選ばないところはあったが何かを得るためだから仕方がない。それがそんなに責められることなのか?[財前五郎]

(財前の余命が短い事を知って)
・女の一生は男の一生よりも長いってことですよ。[鵜飼典江]

(医療ミスで亡くなった患者の家族を見て)
・誤ってすむことじゃないですよね!一度誤って楽になりたかっただけだ。でもそんなんじゃ駄目だ![柳原]

・そんなふうに生きることを望む人じゃないわ。[財前杏子]

・用はない! 出ていきたまえ![財前五郎]

・なお、自らガン治療の第一線にあるものが早期発見できず、手術不能のガンで死すことを、心より恥じる。[財前五郎]

何回見ても感動するドラマです。見たことない方は是非一度みることをお勧めします!!

Share this Post[?]
        
RSS
Follow by Email
Facebook
Facebook
Google+
タイトルとURLをコピーしました