亀田大毅、亀田京之介、ジョー のボクシング試合結果

ボクシング亀田 スポーツ

2018年1月1日に行なわれた「亀田大毅に勝ったら1000万円企画」です。

亀田家の3本勝負

  1. 亀田恭之介プロデビュー戦
  2. ジョーブログのプロデビュー戦
  3. 亀田大毅 VS 挑戦者5名

が行なわれました。

ボクシング

亀田京之介

まず「浪速の狂犬」亀田京之介のプロデビュー戦です。

対戦前の記者会見では相手を1R23秒以内倒すと豪語しておりました。

これは亀田興毅のデビュー戦が1R23秒KOでだったからのようです。

しかし、相手は習志野高校ボクシング部からプロになった実力派。

まあ、プロなので皆実力はあります、相手の方は礼儀正しく良い印象でした。

試合が始まるとコンスタントにパンチをもらいます。

1R,2Rと亀田京之介選手は良いパンチを貰いクリンチで逃れようとします。

しかし、パンチの連打を浴びレフリーのTKO負けでまさかの敗北。

亀田京之介が負けるとは!!これにはびっくりしました

その後、控室で叫ぶように泣いていた亀田恭之介。

凄く悔しかったのでしょう。これには私もウルッとくるものがありました。

run

ジョー デビュー戦

続いての第2勝負。こちらもプロデビュー戦となるジョー。

彼は、Youtubeのフォローワー数が100万人を超える人気Youtuberです。

アメリカ大陸横断したり、ホームレスと仲良くなったり、スラム街に突入したり

危険人物と接触したりとYoutuberの中でも数少ないチャレンジ系の体を張ったYoutuberです。

私はジョーのファンなのでジョーの根性を画面上からいつも拝見していました。

彼の3か月でボクシングのプロになるという挑戦は一見無謀にも思えましたが、現実へと変わりました。そして、1戦限りで引退を決めているジョー。

理由は、2足のワラジでボクシングをやっていくのは真剣にボクシングをやっている方に失礼だからそうです。真面目に向き合った際の決断なのでしょう。

相手も実力派のボクサーであり、亀田パパも「ジョーがもし勝ったら引退するのはもったいない」とまで言っています。

試合が始まりジョーは足でステップを使いアウトスタイルのボクシングで相手を翻弄しダウンを1つ取ります。

最終ラウンドは相手の気迫に押されましたが判定3ー0で勝利。

こちらもジョーの根性に感動しました。

ボクシング

ジョーと亀田兄弟のやりとりを見てると昔の生意気な態度はパフォーマンスだったことがわかると思います。本気で真面目な好青年です。

亀田大毅 亀田大毅に勝ったら1000万円企画

その後、大一番となる亀田大毅のチャレンジです。

オーディションで選ばれた5名との対戦になります。

調印式で参加したのはこの5名。

・貧乏シザーハンズ   三輪太一

・介護&バイオレンス  簗瀬寛

・大阪ミナミ最強ホスト 黒咲 豪

・狂乱の喧嘩屋     和魔

・農家の元暴走族総長  和田高志

みんな、怖そうな方達です。特に「I Can Fly 神パンチを持つ男 和田さん」の試合前のコメントはイカレテいました。

亀田大毅選手もさすが元世界王者で体力的には疲れておりましたが、見事危なげなく無事に5戦4勝1分けで1000万円を阻止しました。

亀田家は美姫、京之介もおりこれからのボクシング界を盛り上げていってくれるでしょう!

今後の亀田家の動きに注目して行きたいと思います。

Share this Post[?]
        
RSS
Follow by Email
Facebook
Facebook
Google+
タイトルとURLをコピーしました