介護のバイトに面接してきた

前回、日払いバイトの単純作業が嫌になった話を紹介しました。

そこで、定期的なバイトを探すことにしました。それが介護施設のアルバイトです。私は今日初めて介護施設の中に入ってみました。

施設長との面接をして、日程やシフトの話などをしました。介護職未経験+Wワークである私は日程が中々厳しいとの事でした。

施設長が求めている時間と私が希望している時間が合わなかったのです。

また、介護の仕事はとても大変で最初は簡単なことからだが慣れてくるとお風呂にいれたり、オムツ替えしたりの仕事も勿論ある。最初は誰でも抵抗あるとおっしゃってました。

私は何でも慣れだと思っていたので頑張ろうと思っていましたが、残念でした。

ですが、面談後に施設の中を案内してくれましたた。施設長も気さくに老人に挨拶や話しかけをしていて

老人たちも笑顔で返してくれてる。私が挨拶すると恥ずかしがっている老人もいました。

当たり前のことかもしれないが、IT業界で働いている私にとっては、とても新鮮でした。

本当に人の御世話をする、人の為に働いているなと感じました。

IT業界は、システム停止したところで誰も怪我したり危ない目にあったりはしません。大袈裟に言うと命に関わることではないです。

システム構築やシステムトラブル直しても感謝はされるが、「便利になったから」「自分の首が締まらず良かった」「トラブル起きていて直した」のありがとうです!感謝というには程遠いかもしれません。

しかし、介護の仕事は夜間に老人が起きて足を滑らせたり、食事中にご飯が詰まったりすると命に関わります。本当に感謝されるべき仕事であると感じました。

仕事として命に関わる重みが違う事も現場へ行き解りました。

今回、私は介護職に対する考えが甘かったなと思いました。週数回のアルバイトじゃ老人達も私の名前を覚えられないし、私自身の成長が遅いのも明らかです。

私はあまちゃんだったのです。

じぇじぇじぇ!

しかし、施設見学できて良かったです!

施設長は、本当に老人たちが好きだし、老人たちは人生の先輩だが可愛いと思えてくると言っていました。

プロだなと感心してしまいました。

ホントは働きたかったなと思いつつも、私の考えがあまかったです。

全日働けるなら、また対応は違ってたと思うが、あくまで私はwワークです!

一旦介護職のアルバイトを断念することにしましたが

本当に人の為に働ける事って素晴らしいです。

介護職の方にリスペクトを送ります❗