仮想通貨を買うための本人確認

仮想通貨の取引を行なう為には、まず本人確認が必須です。

本人確認の内容としては運転免許証、氏名、住所、銀行口座、電話番号、メールなどの登録が必要です。
情報登録後には取引所から最終的な本人確認の為のハガキが郵送されてきます。

このはがきを受け取ったら、いよいよ仮想通貨取引が可能になります。
私が本人登録を全部済ませた後は、取引所から1週間足らずでハガキを受け取りました。
現在はCMでも放送されておりユーザーが増加傾向にあるのでハガキの郵送にもっとかかるかもしれません。
思い立ったらすぐ準備して本人確認を済ませた方が良いでしょう。

本人確認書類が終わると取引所から承認され自宅にハガキが送られてきます。




受け取ると取引所からメールなどで取引開始可能との通知が届きます。
受け取った私はさっそく銀行へ直行しました。
とりあえず、1万円を取引所にに振り込む事にしました。

 

しばらくすると入金が完了されます。
ちなみに入金金額は即時反映される訳ではないので焦らず待ちましょう。
約5分~45分程。
ウォレットに日本円(JPY)の振り込みを確認できたら取引開始になります。
私はとりあえず、1万円で収まる安いモナコインやイーサリアムクラシックを買いました。

11月位でしたが確かその時はモナコインは300円程度、イーサリアムクラシックは800円程度だったかと思います。
※12月現在はモナコイン2000円近く、イーサリアムクラシック4000円近く上がっており1か月の間に5倍ほど上がっています。

 

また、暫く保持しとけばよかったのですが取引初心者の為少し利益が出るとチマチマ売買していました。
しかし途中で知ったのですが、売買手数料がかかるらしいのです。
微々足るものですがそのことを知ってチマチマした売買は辞めました。

 

これから仮想通貨の取引を始める初心者は手数料も考えて売買しましょう!
儲かったと思ったら手数料分でマイナスという事もありえます。
少額での売買はぜひ控えて行きましょう!