仮想通貨2018年1月中旬大暴落の理由

2018年1月17日現在、仮想通貨が全て大暴落している。

ビットコインも1BTCあたり220万円まであった価値が100万円切ろうとしているところまでくる。

さらに他のアルトコインもマイナスばかりだ。

リップル、ネムの人気アルトコインも前日比 – 30%以上 減となっている。

 

そんな大暴落の不安の中、1つのニュースが舞い込んできた。

そもそも何故、大暴落したかと言えば中国の仮想通貨規制、他国の仮想通貨規制によるものです。

その他、大口さんが利確したりと下がって下がって下がり続ける。

何故毎年1月、仮想通貨が下がるのでしょうか?


Sponsored Link

不安に思ったかもしれませんが、超回復するであろう良いニュースがはいりました。

中国政府が何故かニュースをこのタイミングで発表しています。

中国の仮想通貨規制、実は2017年11月くらいもので古いニュースだと政府の発表がありました。

何か大物フィクサーが絡んでいるのでしょうか?

 

どちらにせよ、これからの超爆上げに期待です。

 

 

サラリーマンの平均年収と生涯年収

今回は私、一般サラリーマンとして自分の年収について考えてました。

人生お金だけじゃないけど、お金があれば生活が潤うのも事実です。

夢や理想を追うのも素敵ですが、現実の自分と向き合わなければ意味がないのでまとめてみました。

 


一般的なサラリーマンの平均年収について

年収 (3)

個人的な感想としては、思ったよりも低いですね。ただ自分もほぼ平均と同じです。

【2017年のサラリーマンの平均年収】

  • 20代 約350万円
  • 30代 約450万円
  • 40代 約540万円
  • 50代 約661万円

ただしこれは、税金や保険料が差し引かれていない状態の総支給額です。

総支給額とは、簡単にいうと会社(雇用主)があなたに払うお金全部を年収といいます。

※ボーナスや交通費も総支給に含まれています。

 


【手取り金について】

年収 (1)

実際の手取りは年収から税金、保険料などが差し引かれた分になります。およそ8割が手取りとして残る金額です。日本では、年収が高くなるほど税率が高くなる「累進課税」という仕組みがります。年収が高くなるほど税金が差し引かれます。

[平成29年現在の法令]

所得税の税率は、分離課税に対するものなどを除くと、5%~45%の7段階に区分されている。

年収額                  税率                       秩序額       

195万円以下                    5%                  0円
195万円を超え 330万円以下      10%               97,500円
330万円を超え 695万円以下      20%             427,500円
695万円を超え 900万円以下      23%             636,000円
900万円を超え 1,800万円以下     33%             1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下      40%             2,796,000円
4,000万円超                45%              4,796,000円

例:年収が400万円の場合の税率は次のようになります。
(年収400万円) × (税率0.2) -(秩序額42万7千5百円) = 37万2500円

 

Sponsored Link


生涯年収について

平均的な生涯年収は人それぞれで算出することは難しいですが、少し前まで大学卒で3億円とまで言われてました。
しかし、リーマンショックの影響などもあり2.5億円ではないかとも言われています。
リーマンショック後に入社した若い世代は実際にはもっと低いのではないでしょうか?

また、上記の平均年収を「世代別平均年収×10年」で足していくと、約2億円位にでした。

年収 (2)

一般的な中小企業サラリーマンの平均年収を生涯年収は約2億円程と決まっています。
大企業、外資系や役員は3億以上超えるかもしれませんが、それはごく一部の人間です。

さらに近年では、退職者も60歳から65歳まで伸びた社会人の方も多いです。
何十年後先は75歳まで働くのが当たり前の未来になるかもしれません。
私は目標として60歳になる前に退職または脱サラをしたいと考えています。 1つの会社に定年まで勤めていくのを想像するのはリスクがあると感じます。

さらにAIなども発達して業務に変化も出てくるはずです。1つの事に捕らわれずに色々な事にチャレンジして時代の変化に対応していきましょう!

Sponsored Link